適応のタイプ

人の適応は最も重要な概念です最も多様な科学では、環境条件に適応する能力が人生のすべての領域で必要であるためです。あらゆる環境における人の適応は複雑なプロセスであり、これはしばしば人体の様々なシステムに様々な変化をもたらす。さまざまなタイプの適応をより詳細に検討しましょう。

適応の仕組み

適応プロセスの区別の便宜のために、生物学的、社会的および民族的適応の3つのタイプが区別される。

  1. 人間の生物学的適応。 このような人間の環境条件への適応進化的な方法で生まれたその環境。この種の適応の特異性は、内臓器官または生物体が、それが出現した環境の状態に完全に改変されていることである。このコンセプトは、健康と病気の基準の開発の基礎を形成しました。この点で、健康とは、身体が環境に最大限適応された状態です。適応能力が低下し、適応期間が遅れると病気になります。身体が適応できない場合、それは不利なことです。
  2. 社会適応。 社会心理適応は、生活目標の実現に寄与する特定の条件を表す社会環境への1人以上の人々の適応。これには、研究と仕事への適応、他の人々との様々な関係、文化的環境、娯楽とレクリエーションの条件への適応が含まれる。人は人生の状況を変えることで、人生の何かを変えずに、あるいは能動的に、受動的に適応することができます(より成功した道であることが証明されています)。この点で、チームとの緊張関係から特定の環境で学ぶことや働きたくないことへの適応など、さまざまな問題があります。
  3. エスニック適応。 これは社会的適応のサブセットであり、個々の民族の移住地域の環境への適応、そしてそれは社会的条件と天候条件の両方を扱う。これは、おそらく、言語文化的、政治的、経済的、およびその他の分野における差異を生み出す最も特有の適応の一種です。たとえば、カザフスタンの人々がロシアで働くようになり、言語と文化の適応、文化的交流が行われるとき、雇用に関連する適応を配分する。適応の通常の過程は、先住民の人種差別的またはナチス的視点と社会​​的差別によってしばしば妨げられている。
  4. 心理適応。 それとは別に、心理的これは今や最も重要な社会的基準であり、関係の分野と専門的なソルベンシーの両面において個人を評価することを可能にする。

    心理適応

    セットの心理的適応に依存するキャラクターの特性と社会環境の両方を含む可変要因。心理的適応には、ある社会的役割から別の社会的役割に切り替える能力などの重要な側面も含まれ、適切かつ正当な理由があります。さもなければ、我々は不適応と、人の精神的健康に関する問題さえも話さなければならない。

環境変化への対応と適切な対応精神的評価は、困難に備えて、克服する能力のある人を特徴づける、高度な適応の指標である。同時に、適応の基礎は、正確には謙虚さ、状況の受け入れ、結論の引き出し能力、そして変更できない状況への態度を変える能力です。