服の生地の種類

既製品または仕立てのための材料を購入すると、私たちは常に、ファブリックの品質に注意を払います。これは、運用期間に依存するためです。あなたの選択が常に成功し、物事はあなたに長く役立つように、少なくとも消費者レベルで、衣類のための布の種類を理解する必要があります。

衣類の種類

繊維の組成は繊維によって決定され、それらは天然および化学の2種類に分けられる。次に、自然株は、

  • 野菜由来(亜麻、綿、ジュート、麻);
  • 動物起源(絹及び羊毛);
  • ミネラル起源(アスベスト、くず)。

化学繊維は、

  • 人工起源(ビスコース、ルーレックス、アセテート、モーダル)。
  • 合成起源(カプロロン、ナイロン、ペロン、ボロナ、スパンデックス、ニトロン、ポリエチレン、ポリプロピレン)。

現代の産業が依然として存在しないので、化学繊維に基づく布地のリストは継続することができます。我々はまた、衣類の主要な種類を検討した。

天然生地の利点は記載されていませんそれは必要ですが、いくつかのように、悪い、化学的なものに関連している種ですか?例えば、スポーツトレーニングの場合、皮膚が呼吸することを可能にし、運動を抑制しないスーツが必要である。同様の特性は多数の「合成」で与えられる。したがって、ポリエステルおよび合成繊維は、今日スポーツ用織物の製造における主要成分である。あなたのワードローブを拾って、私たちのそれぞれは、これらの色や他の色がどのように調和するかについて慎重に考えようとします。

衣服の種類1

しかしそれほど重要ではないが、衣服!テクスチャはあなたが注意を払うべきものです。ファッションデザイナーはしばしば非常に偏心した組み合わせを提供しますが、成功したものは残っています:柔らかくて光沢があり、シンプルで高価です。</ P>

毎年縫製用の素材となるもっと。衣類のための現代のファブリックが賢くなっている:好きな製品ストレッチ - ライクラ、軽くて暖かい「人工毛皮」 - 「大胆不敵」靴や洋服、アクリルある - 膜材料を。自分自身の個々の方法を作成するためのより多くの機会があります。多くの生産とブランドは衣類専用のファブリックの広い範囲を提供しています。