教育の目的

子育ては人を養子にする過程です道徳的、精神的、倫理的価値観、知識とスキルの移転などが含まれます。人を教育するプロセスは、生まれた瞬間から始まり、人生が終わると終わります。育児の目的は、その人の年齢に依存します。したがって、子供の年齢が高ければ高いほど、成人の教育目標はますます大きくなります。次に、現代人教育の目標と内容は何かを検討します。

教育訓練の目標

教育と育成の両方が伝達であるため彼らは密接に関連しており、しばしば一緒に考えられます。ですから、教育の目標は長期的に見てみたい(私たちが努力している)ものと考えられます。私たちは、教育の主な目標、すなわち精神的、肉体的、道徳的、美的、労働的、職業的、霊的な人間開発を挙げています。子供の教育目標がますます高まっています。

年齢、教育過程における役割

彼らの上を通過する主要な人々彼の両親です。赤ちゃんが愛、分かち合うこと、物事や親の労働を感謝すること、美しいことに賞賛することは、家族の中にあります。子供の就学前の施設の従業員は子供のための第二の教師になります。就学前教育の主な目的は、子供と同じ年齢の人と共通の言語を見つけるために、チームに住むように子供を教えることです。この段階では精神発達に多くの注意を払う。学習プロセスは、新しい知識(文字や数字、色、対象物の形など)の学習に対する子供の興味を刺激するゲームの形で構築されています。

学校期間における教育の目標はさらに、ここでは最初に精神発達を起こすことが可能です。しかし、学校は他の種類の教育(審美的、物理的、道徳的、労働的)を担当しています。将来的に彼を専門的に指向させるために、子供がどの分野に優れた能力を持っているのか、そしておそらく才能を持っているのかを判断しなければならないのは教員です。

年上の高齢者の共通目標若い男性と女性がこの時期にある種の職業で定義され、余分なサークル、セクションまたはコースに参加するため、育成には専門的な人も加わります。

私たちは、多目的な人格の形成、職場での高級なプロフェッショナル、社会にふさわしい市民としての教育目標を簡単に見直しました。