下痢錠

消化器および腸の障害問題の臨床症状を緩和し、その人を活発な生活に戻すために、即座の対症療法を必要とする。したがって、大量の薬局のチェーンでは、様々な下痢錠が販売され、迅速な効果をもたらし、病気の徴候を排除し、便の一貫性を正常化するのに役立ちます。

下痢 - 治療と錠剤

自然に、この病気の適切な治療のために下痢の正確な原因を調べるには、胃腸科医とセラピストに相談する必要があります。しかし、ほとんどの場合、問題は突然発生し、できるだけ早くそれを克服する必要があります。

効果的な医薬品は、以下の原則に基づいています。

  • 抗菌効果;
  • 水、電解質および塩バランスの標準化;
  • 腸の運動の強度が低下した。
  • 粘膜吸収の増加;
  • 抗炎症効果;
  • 健康な腸内微生物叢の回復;
  • 胆汁の流出および排泄の制御。

それを提供する薬物を見つけることはまれですこれらすべてのパラメータに複雑な影響を与えるので、原則として、治療メカニズムや目的が異なる複数の薬を購入する必要があります。

どの薬が下痢を助けるか?

上記の事実を考えると、問題の病気の治療のためには、そのような薬を購入する必要があります:

  • 抗生物質 - 医師の処方に従って、感染症、細菌病変の破壊、および免疫調節剤、肝臓保護剤の並行処理を行います。
  • 抗ウイルス剤(アルビドール);
  • 抗菌剤、例えば、Enterol、Nifuroxazide;
  • 結合剤(ロペラミド);
  • 腸の蠕動を減少させる活性胆汁酸(Smecta、Immodium)を出力する。
  • 電解液のバランスを回復させる(RegidronまたはGastrolit)。
  • 解毒のための吸着剤(活性炭、Enterosgel、Enetrolakt);
  • 腸の活動を正常化する(Hilak Forte)。
  • ビフィズス菌、ラクトバシルス(Bifidumbacterin、Bifiform、Lactofiltrum);
  • 神経系の鎮静剤(アナプリン)。

いずれにしても、リストされた手段は、観察された症候、下痢の持続時間、その元の原因に対応すべきである。また、下痢に対して錠剤を選択する場合、禁忌、副作用および付随する慢性疾患の存在に注意する価値がある。

下痢の有効な錠剤

記述された薬は、非常にそれは常に役立つとは限らず、場合によっては状況を悪化させることさえあります。その作用機序はアヘン剤と似ている。ロペディウムまたはロペラミドは、内容物の運動性および除去に関与する腸組織受容体に影響を及ぼす。したがって、薬剤は、便を粘性を遅延させて増加させ、体から排出させないようにする。分泌性の下痢および

下痢の錠剤

過敏性腸症候群であるが、Lediumumは患者の状態を悪化させ、中毒を引き起こし、血液中の病原性微生物を広げるだけである。</ P>

下痢のための最善の薬

ほとんどの胃腸科医は、最も好ましい硬化は、このツールは、運動および蠕動運動に影響を及ぼさないので、それは同時に腸管腔における塩酸と胆汁酸の濃度を正規化病原性微生物を除去するのに役立つSmektaあります。