足の女性のタトゥー

古代ヨーロッパでは入れ墨が一般的でしたほぼすべての部族と人々。キリスト教の出現とともに、この芸術は無慈悲に駆除され始め、James Cookのおかげで18世紀にのみ戻ってきました。しかし、私たちの時代まで、入れ墨は偏見を克服し、本格的な芸術になる難しい道を歩かなければなりませんでした。当初、ヨーロッパのタトゥーは、社会のエリート部門では尊敬されていなかった俳優やサーカスのパフォーマーの間で人気を博しました。最近まで、俳優であることは価値のない職業とみなされていました。たとえば、有名な作家・俳優のモリアーレは、人生を劇場に捧げるために富と地位を放棄しなければなりませんでした。しかし、すでに20世紀に入って、映画業界の発展に伴い、ショーの業績に対する姿勢は根本的に変化しています。今では身体の入れ墨は公的ブランドとはみなされなくなり、むしろ自由と鮮やかな個性の兆候となります。オスのタトゥーはサーカス人の間だけでなく、他の職業の代表者の間でも人気があったので、これは主に女性の入れ墨に関係していました。長い間、女性の入れ墨は売春と関連していたが、徐々にこのステレオタイプも関連性を失った。最近まで、入れ墨を決めてから、女性は服の下に隠れる可能性のある小さな絵を選びました。今日、女性の体の入れ墨は普通の現象であり、誰も驚いていません。

足の上の女性の入れ墨はより少なく使用します人気、背中、肩、首よりも。基本的には、足や足首に小さな図案が適用されます。多くの人は、自分の足に過度の注意を惹きつけたくないだけです。入れ墨を脚の上部にかけることを好む人は、表現力とステレオタイプの自由を持っているのが普通です。そのような入れ墨の被験者は非常に多様であり得る。

タトゥースタイル 部族 - 世界の異なる国の装飾品。 最も一般的なものは、セルティック、アフリカ、オーストラリア、ポリネシア、インド、アステカの装飾品です。また、マスターはあなたのためにエスニックスタイルで飾られた芸術の装飾を作ることができます。の 女性の入れ墨は脚に ファンシーなパターンが最も適切です。ハーモニーとエレガンスを強調したり、与えることが有利です。装飾品は、足首の周りまたは脚の全長に沿って配置することができます。脚の小さな女性の入れ墨は、通常、象形文字、昆虫、花、碑文の形で来ます。飾り付けに加えて、トーテムまたはシンボルにすることができます。

妖精 - 現代のトレンドの1つ、非常に成功した脚の女性タトゥーに適しています。妖精のスタイル - これらは妖精、妖精の生き物 - 妖精、エルフ、ピクシー、人魚、トロール、ノームです。それぞれには魔法の力が与えられていて、それ自身の性格を持っています。時には、まったく不親切です。時には女の子が魔法のテーマで全体の絵を描くこともあり、時には脚のエルフや妖精のような小さな女性の入れ墨を好むこともあります。そのような「ペット」は幸福、運、運をもたらし、不服従者から保護します。

女性の小さな入れ墨は脚に

エレガントな女性を取得したい場合あなたの足にタトゥーを入れてから、絵のダイナミクスを考慮してください。それ以外の場合は、タトゥーを動かすと修正されます。経験豊富なマスターは、動きが肯定的な役割を果たすだけの入れ墨についてこのようなスケッチを考えることができます。

私の脚に入れ墨のスケッチを見て、写真あなたが理解していない意味、あなたが好きな写真を見つけることができます女性のタトゥー。落胆しないでください - あなた自身はあなたの入れ墨の力と意味を与えることができます(もちろん、古代の魔法の徴候でないなら)。彼らが言うように、あなたがボートを呼び出すときに、それは浮かぶでしょう。だから、入れ墨はあなたの足を飾るだけでなく、あなたの世話をします。