処女の膣

ご存じのように、性行為の発症とともに女性の生殖器系にはいくつかの変化が起こる。まず第一に、それはわずかに変化する膣に関係します。生殖器のこの器官を詳しく見てみましょう。特に、処女の膣の構造の特質に没頭します。</ P> 女の子の膣の構造の特徴

だから、新生児新生児の女の子、この体の長さはわずか3センチメートルです。また、膣への入り口自体は非常に深く、実質的に垂直方向です。見た目には、それは漏斗のように見えます。

膣の壁はお互いに密接に接しています。これは、小さな骨盤の筋肉装置が依然として非常に弱いという事実によるものです。約1年、膣の長さは約1cm増加します。

この体の8歳でしか検出できません女性の膣の特徴であるいわゆる折り畳み。それは、女性の性行為中だけでなく、労働過程における体の大きさの変化によるものです。

処女の膣サイズの最大の増加は約10年に始まり、すでに12〜13年で7〜8cmに達する。

思春期が始まると膣はどのように変化しますか?

膣がどのように見えるか話したらその処女は、その構造の中に、おそらく、唯一の特徴、すなわち処女館です。この粘膜中隔は、内部の生殖器官を外部の器官から保護し、病原性微生物の内部への侵入を防止する。最初の性行為では、この形成の破裂があり、これはしばしば少量の血液を伴う。

処女の膣への入り口がどのように見えるかについて話すと、原則として性別の女性よりもサイズが小さくなります。

膣の膣はどのように見えるのですか?

一般的に、処女の膣とすでに経験している女性はあまり違いはありません。そのサイズはより大きく、したがって、子供の誕生後でさえ、その長さはわずかに増加する。女性の腺が多いため、潤いのために必要な粘液潤滑剤の量が多くなります。</ P>

このように、このような膣のような生殖器官の変化は、女性の生殖器機能を確実にする方向に生じる。これは、最初にそのサイズを大きくすることによって、そしてホルモン系の働きによって、この器官にどのような変化が起こるかの影響下で行われる。