ミシン用フィート

多くの針の夢は良い縫製ですマシン。購入後、基本的な細部、最初の行と最初の困難で知り合いが始まります。通常、ミシンJanomeや同様の機械のセットには、2つまたは3つの変更可能な脚があります。しかし、実際に布を使った作業は、直接的な装飾的な線に限られていません。しかし、ボタン、ドローイング、装飾品、その他の作品はどうですか?ミシンの足は、想像以上に多くのことが判明しました!

ミシンの足は何ですか?

条件付きでは、既存のすべての足を3つに分割するグループ。あなたがすでに会ったことがある人はほとんどいますが、ある人は啓示になるでしょう。だから、それはミシンのための足で別々のセットにある。Janome:

  1. 第1のグループは、最も頻繁に使用されるタイプ。彼らはタイプライターの購入と完全に来る。これは、もちろん、ジグザグタイプの列を実行する足。また、ジッパーを縫うための足、時にはペアで行くボタンとボタンとボタンを完了するための足を見つけるでしょう。秘密の方法でヘミング加工するプラスチックの種類は少なく、秘密の稲妻のモデルもあります。計画にオーバーロックの追加購入が含まれていない場合は、ミシンのオーバーロックオーバーロックを購入することが理にかなっています。それには、布の端をトリミングするための追加のナイフがあります。しかし、ミシンに一般的に卵巣ステッチが付いている場合、フットオーバーロックを購入することは意味があることを理解する必要があります。
  2. 装飾的な方向性を持つ種もある。 たとえば、斜めのbeikiを1行で縫うために。確かに、あなたはビーズや装飾紐を縫うように、特別な足で折り畳むこともできることを知らなかった。美しいレリーフトリミングは、別の足の助けを借りても得られます。
  3. そして最後のポイントは縫製の足です非標準的な布で作業するための機械。我々は、非常に薄く弾力性のある、密度の高い布として非標準的なものを呼ぶ。ローラーフットとそのアナログセラミックは、革のミシンやいくつかの層の同様の高密度材料の縫製に必要です。テフロン(Teflon)から、ベロア(velor)および類似の織物のための種類を作り、絵の移動を避ける。